松翁会歯科診療所
バリアフリー Englishi英語対応可

東京メトロ・都営地下鉄各線大手町駅直結
東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワー地下1階

TEL
03-3201-3362

診療時間:9:00~19:00(※第4金曜日は9:00~18:00)
休診日:土・日・祝祭日

03-3201-3362
MENU
クリニックブログ
Shouohkai Dental Clinic

歯ぎしり

 私(長谷川)は夜中寝ている間に歯ぎしりがあります。寝ているので自分ではわかりません。周囲から指摘されても、ピンときません。25年位前に睡眠研究所でポリグラフ(電極を身体に付けて脳波、筋電図、等をとり睡眠の質を調べる)をとって調べてもらったこともあります。その時のビデオを見ると、田んぼでカエルが鳴いているような音がしていました。無意識で食事時の数倍の力が歯にかかると言われています。5年ほど前に奥歯1本、その後2か月前ほどですが、奥歯3本が割れてしまい、歯髄炎になりました。神経をとって被せる処置を所長にしてもらいました。それ以降、寝るときはマウスピースを付けて寝るようにしています。まだ2か月ほどですが、マウスピースにだいぶ歯ぎしりに因る傷がついてきています。(写真をクリックして拡大してみてください)
 当院は場所柄ストレスが大きい方が多いせいか、他の地域の医院よりも歯が割れて痛む方が多い気がします。やっかいなのは初期ではひび割れは肉眼やレントゲンで確認できないことが多いことです。また虫歯や歯周病に比べて一般の方の認知度が低いことも説明の際に苦慮します。「俺は歯ぎしりしてないよ」と患者さんから言われることも度々です。虫歯でないのに歯が痛いのは納得できないと思われるのも仕方がないかもしれません。しかし、「歯ぎしりがあるのでマウスピースを作って欲しい」という主訴で来院される方も最近増えている気がします。
 マウスピースは最初、異物感があるのですが幸い慣れてきました。もうこれ以上ボロボロになるのは困るという意識も慣れに影響しているかもしれません。(長谷川)

投稿日:2017年12月12日  カテゴリー:未分類