医院へのお問い合わせはこちら

松翁会歯科診療所

ホーム > クリニックブログ

クリニックブログ

台風にもめげずにセミナー


 3連休はあいにくの台風でしたが、セミナーは問題なく行われました。日本の歯科界の重鎮の一人である榎本絋昭先生の特別セミナーでした。インプラント周囲の歯肉の厚みがいかに大事かをわかりやすい図やご自身の臨床写真で講演していただけました。先生は今年の3月の講演で間もなく後期高齢者とおっしゃっていましたが、懇親会でも様々な話題を提供してくださり有意義な時間が過ごせました。面識がなくても、しっかり目を見てお話しされ、人間的にも非常に魅力のある方でした。まだ著書を買っていなかったので、さっそくAmazonで注文し先ほど届きました。話を聞いてから読むと理解が深まる気がします。榎本先生ありがとうございました。(長谷川)

 カテゴリ:セミナー 学会 and tagged ,

ストレスにもいい点はある?


 うまくいかないことがあると、つい一人でやけ酒を飲んでしまうことがまれにある。胡散臭い気持ちを酒の力を借りて一時的でも忘れたいからだが、酔いがさめた翌朝はもっと惨めな気持ちになるから基本的にやめたほうがいい。ストレス解消にいいのは、運動、読書、瞑想なのだという。運動はスポーツクラブのプールで週4~6回、各回ノンストップで1500~3000メートル泳いでいるのでそんなに問題ないと思うのだがまだ足りないのだろうか。読書も通勤電車の中では毎日やっている。時間にして50分くらいだろうか。問題は瞑想だ。最低5分できれば10分以上呼吸を深くして集中するのだという。心を空っぽに雑念が入り込まないようにというが意外とできない。気づくといろんなことを考えていたり、場合によっては寝てしまったりすることがあり、瞑想に関しては才能がないのかもしれない。ブルースリーがEmpty your mindと言うけどなかなか難しい。著者はそんな瞑想が苦手に人でもストレスの処理に関しては悲観的になる必要はないというが、どうなんだか。ネス英語会話新宿校のエリック先生と話していたら、長距離水泳はある意味瞑想と同じ効果があると言っていた。たしかに泳いでいる間は何往復したか距離を数えているので、いやなことは頭の中から排除されている。著者はスタンフォード大学教授だ。ストレスは避けるものではなく、あったほうが要は回復力が鍛えられるということらしい。心理学の論文を引用して彼女の理論が展開されていくが、様々な自己啓発本(Self-help book)にも表現は違っても同じようなことが書かれている。臨床のデータをベースにして説得力を増そうというのだろう。まあ、いろいろ試してみて自分に合ったストレス解消法を探した方がよさそうだ。家族が見ていて不愉快そうなので、一人酒はやめよう。(長谷川)

 カテゴリ:未分類 and tagged

矯正のシミュレーション


矯正希望の患者さんです。セファロという横顔レントゲンの分析をもとに治療計画を立て、模型の歯の部分を切り離して理想と思われる位置に配列します。セットアップ模型と言いますが、頭の中のイメージを実際に目で見れるし、患者さんに事前に説明しやすいので技工所に出さずに自分でちょくちょく作ってみるのも勉強になっていいかもしれません。(長谷川)

 カテゴリ:矯正 and tagged , ,

阿部晴彦先生総義歯セミナー


9月16、17日は阿部晴彦先生総義歯セミナーでした。デモの患者さんは難症例でしたが、阿部先生が先月入れた義歯は痛くなく何でも噛めるとのことでした。阿部先生も勝負に勝った気持ちになったかならないかわかりませんが、懇親会では81歳とは思えないほど食欲があり、お酒を飲まれ、カラオケを歌いまくっていました。すごいとしか言いようがありません。先日、私が25年前に入れた総義歯の方がいらっしゃいました。人工の歯が1本脱離しただけで、修理も簡単でした。調子よく使っていただけると聞いて胸をなでおろしました。総義歯は無から有を生み出す魅力ある診療と言えます。(長谷川)

 カテゴリ:総入れ歯, 総義歯 and tagged ,

清水宏康先生歯周外科インプラント相談会

 9月6日水曜日は夕方6時から、銀座の会議室で清水宏康先生への症例相談会が開かれました。相談者は私を含めて4名でした。私の相談は上顎大臼歯3度の根分岐部病変(上顎大臼歯は根が三又に分かれてその又の部分の骨が溶けて2か所以上外から交通している状態、現在のコンセンサスでは再生療法の適用ではないが試みているドクターも少なくない)に対する再生療法時の肉芽除去用の道具に関する質問と、レントゲンやCTからは鑑別がしずらいセメント質剥離の可能性がある症例の解釈についてでした。
 歯周組織再生療法においては、きれいに骨面を出すことが求められますが、肉芽が骨面に絡みついてなかなかきれいにすることが難しいことがあります。最近はヤグレーザーやピエゾサージェリーといった手用器具以外の便利そうな機械があるので、これらの有用性について質問したところ、ヤグレーザーはチップがまっすぐなので根分岐のような入り組んだところには入らないし、届くところでも時間がかかり、最後の仕上げで使う、またピエゾも同じであるのと骨面ごと削り取ってしまうイメージなので、いずれの機械も根分岐部の清掃で使用することは推奨できないのではないかとのことでした。代わりに手用器具でも比較的病変部に入りやすい器具をこの会の立ち上げに尽力していただいた広田敦哉先生から紹介していただけました。
 また、2番目のケースはどこの勉強会で報告して質問しても誰もわからない状態(それだけ珍しいケース)でしたが、少なくともセメント質剥離ではないこと、病理組織をとっているわけではないので確定的なことはわからないが、良性のセメント質腫のようなものではないかとの見解が得られました。いずれも目から鱗のような情報ばかりで参加してよかったとつくづく実感しました。
 懇親会でも多くの若く意欲的な先生方と知り合うことができ、お陰様で充実したひと時を過ごすことができました。知識、経験、情報、院内設備がドクター間で違うので、わからないことがあって一人で悶々としてしまうところを、こうした会を通じてある程度解消できる(補い合える)のがありがたいと思います。(長谷川)

 カテゴリ:セミナー 学会 and tagged , ,

サージカル・テレスコープ購入しました

拡大率5倍のサージカル・テレスコープ(65万円)を購入しました。勤務医ですが自分の懐を傷めることで仕事がグレードアップできればと思います。既に当院にはマイクロスコープ(最大30倍)と2.5倍のテレスコープはありますが、今後強力な助っ人機材として役立てる所存です。オーダーメイドとはいえ納品までに半年もかかりました。大事にしないと。(長谷川)

 カテゴリ:未分類 and tagged ,

総合歯科臨床ステップアップセミナー参加

8月25日、26日は天王洲アイルにある京セラのビルで山口県防府市開業の金成雅彦先生の総合歯科臨床ステップアップセミナー4か月コースの1回目に参加してきました。総合歯科臨床とは歯科のあらゆるジャンルでの技術(根管治療、歯周治療、矯正、インプラント、口腔外科、補綴等)を駆使して患者さんの口腔内をベストな状態にもっていくことと言えばいいでしょうか。アメリカの歯科では各専門医に分かれています。日本でも矯正や根管治療の専門医として開業している歯科医がいますが、一般開業医がほとんどです。金成雅彦先生はすべてのジャンルで専門医顔負けの技術をお持ちです。今回と次回のセミナー内容は矯正です。学んだことを、しっかり臨床で実践したいです。(長谷川)

懇親会会場のT.Y.HARBOR

 カテゴリ:セミナー 学会

前歯の部分矯正


英語が堪能な中国人ビジネスマンの方でした。前歯の審美障害を訴えていました。上の前歯の真ん中に過剰歯があります。

過剰歯を抜いて根管治療が必要な歯はそれを行って、部分的な矯正治療を進めていきました。

隙間が埋ってきました。矯正装置を外したら、歯が後戻りしないようにマウスピースを食事以外の時は最低半年つけていただきました。(長谷川)

 カテゴリ:矯正 and tagged

前歯歯周組織再生療法


上の前歯の裏側がじくじくするとのことで来院されました。前歯真ん中2本は前医で仮歯に置き換えたそうです。仮歯を外して裏側の歯肉を押すと膿がでてきます。

歯の周囲の骨は歯周病で溶けてしまっています。歯周組織再生療法を行いました。

術後の状態。歯周ポケットも減少し、炎症がとれて歯肉がスッキリしました。

 カテゴリ:歯周病治療 and tagged , ,

前歯のインプラント


前歯の欠損で来院されました。インプラントでの修復を希望されていました。

骨が陥没していて、このままではインプラントが植立できないので・・・

造骨処置を行い・・・

骨が熟成するころにインプラントを埋入しました。

歯肉移植も行い歯肉の陥没を修正しました。

造骨前のCT縦断面と水平断面

造骨後のCT縦断面と水平断面

術前と術後2年

術前と術後2年。患者さんには大変喜んでいただけました。

術後のレントゲン

 カテゴリ:インプラント and tagged , , ,

松翁会歯科診療所 tel:03-3201-3362

■住所 東京都千代田区大手町1-5-5大手町タワー 地下1階

■アクセス 東京メトロ・都営地下鉄各線大手町駅直結
       JR東京駅・丸の内北口より徒歩4分

■診療時間 9:00~19:00(※第4金曜日は9:00~18:00)予約制(休診日:土・日・祝祭日)