松翁会歯科診療所
バリアフリー Englishi英語対応可

東京メトロ・都営地下鉄各線大手町駅直結
東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワー地下1階

TEL
03-3201-3362

診療時間:9:00~19:00(※第4金曜日は9:00~18:00)
休診日:土・日・祝祭日

03-3201-3362
MENU
症例⑥
Shouohkai Dental Clinic

症例⑥

総義歯症例

症例について

70歳女性。「入れ歯が痛くてモノが噛めない、10件くらいの歯医者で総入れ歯をつくってもらったが、いずれも使えない。」とのことで来院されました。

前医ではインプラントを入れて入れ歯を固定しないとだめと言われたそうです。
写真は持参された入れ歯です。

分析

下顎を型取りし、模型を作って入れ歯を置いてみると必要な部分(青色の領域)を覆っておらず痛みの原因の一つであることがわかりました。
CTを撮影して顎の骨の尖り具合も確認しました。

義歯の作成

上顎を型取りし、石膏模型を作り、南カリフォルニア大学で研鑽を積まれた阿部晴彦先生が開発した器具で分析しました。

同じく阿部先生が開発された器具に模型を装着し、上下顎の関係を記録、蝋の上に人工歯を並べて、治療用義歯を作成していきます。人工歯配列は長谷川が行っております。

治療用義歯

完成した治療用義歯。白い部分は義歯を使用しながら型取りを自然にしてくれる材料です。
この過程を経ず、いきなり教科書的に本番の入れ歯を作っても失敗する事が少なくありません。

治療用義歯は痛みがなく受け入れていただけました。
これに石膏をついで模型を作って最終義歯を作ります。

最終義歯

最終義歯はブレードティース(金属の部分)を使用しました。
通常の人工歯に比べて効率よく咀嚼ができ、義歯直下の歯肉に極力ダメージを与えません。

模式図は左側が平らにへってしまった人工歯、中央が普通の歯の形をした人工歯、右がブレードティースです。

「治療用義歯から最終義歯まで一度も痛みがなく噛めた。インプラントを入れずに済んだ。」と患者さんには非常に喜んでいただけました。

検査

東京医科歯科大学で開発された咀嚼効率チェックガムで検査しました(100回咀嚼)。
咬むと色が変わっていき、色スケールの数字が上がるにつれてよく噛めていることを示します。

通常の総入れ歯の場合、平均5~6と言われていますが、本ケースでは9というスコアでした。

ブレードティース使用の総義歯 上下で70万円~

このページのトップへ