医院へのお問い合わせはこちら

松翁会歯科診療所

ホーム > ドクター紹介

ドクター紹介

植野 芳和 (歯科医師・歯学博士) Yoshikazu Ueno D,D.S., Ph.D.

経歴

私は長野県岡谷市出身です。諏訪清陵高校卒業後、父の母校である東京歯科大学に入学しました。最初の下宿に空手道部のM先輩がおり、熱心な勧誘とお酒攻撃に会い、あろうことか空手道部に入部しました。決して好きでやったわけではありませんでしたが、苦しい稽古、合宿に耐え、何とか二段をいただきました。
生真面目?に6年間で大学を卒業し、国家試験も合格しました。卒業後は東京医科歯科大学の大学院に進学しました。別に研究者になりたかったわけではなく勉強の仕方を教わりたくて歯科薬理学教室に入りました。

大学院では骨の研究をしましたが、ネズミさんとの格闘やIBMのタイプライターを使って徹夜で論文を作製したことなどは忘れることの出来ない思い出です。大学院でお世話になった故小椋秀亮教授からは「研究も大切だが、ここで多くの先輩、後輩と知り合うことが君の財産になる」と教わりました。全くその通りでその後の私の人生を多くの皆さんに助けていただいております。

大学院時代は週に2回臨床をしながら、奨学金もいただき生活をしていました。また3年生の時には大学時代同級生だった妻と結婚もしました。卒業後は故郷には戻らず松翁会診療所に勤務することになりました。
そろそろ開業をと思っていた矢先、先任の小倉重臣部長がお亡くなりになりました。
全く若輩の身でありながら歯科部長となり現在に至っています。早いもので松翁会に勤務した年に生まれた長女そして2年後に生まれた長男も東京歯科大学を卒業し歯科医としてそれぞれにスタートしています。
私の診療におけるモットーは「お口の健康を通じて全身の健康に貢献したい」ということです。一本づつの歯牙、歯並び、歯周組織の健康はもちろんのこと、摂食、嚥下、呼吸、睡眠といったことにも目を向けながら診療に取り組みたいと考えています。

資格、専門分野

歯科医師、歯学博士、ICOI認定医、近未来オステオインプラント学会認定医、
日本糖尿病協会歯科医師登録医、日本顎咬合学会認定医
WCLI認定医
所属学会 日本睡眠学会、日本睡眠歯科学会

このページのトップへ

長谷川 望 (歯科医師・歯学博士)Nozomi Hasegawa D.D.S., Ph.D.

略歴

1960年12月 大阪府生まれ
1977年3月 千葉市立花見川第一中学卒
1977年4月 開成高校入学
1979年3月 開成高校卒
1979年4月 東京医科歯科大学歯学部入学
1984年3月 東京医科歯科大学歯学部卒
1984年4月 東京医科歯科大学歯学部大学院入学
1988年3月 東京医科歯科大学歯学部大学院卒 歯学博士取得
1988年4月 (財)松翁会歯科診療所勤務
2004年4月 東京医科歯科大学歯学部保健衛生学科非常勤講師
現在に至る

私は普通のサラリーマン家庭に生まれましたが、親戚に医者が多く、幼い頃より「おまえは医者になれ」と言われ続けて育ちました。自分もそのつもりで、勉強しました。
小学生の時の成績は中くらいでしたが、中学に入って本気で勉強するようになりました。

医者は体力が必要と言われ、勉強ばかりの学生生活は嫌という事もあり、開成高校、東京医科歯科大学時代はボート部に所属しました。特に大学時代は、年間300日以上、埼玉県戸田市にある東京オリンピック戸田コース周囲にある合宿所で生活していました。当時のOB会長の先生の口癖が「我が部のOBには教授、助教授が掃いて捨てるほどいる。勉強のことは心配しないでボートに打ち込みなさい」でした。要は「卒業してからが本当の勉強だ」とのことでした。
朝4時半に起床して7時頃まで練習し、登校、夕方合宿所にもどり練習して、夜9時消灯と言う毎日でした。試験前は夜中まで合宿所のミーティングルームで勉強していました。4年生のときにはユニバーシャード(大学生のオリンピック)選考レース決勝で早稲田大学を破って舵手付きフォア日本代表に選ばれ、イタリア(ミラノ)に遠征しました。本大会では、時差ぼけに苦しめられ、調子はなかなか上がらず、大会初日に行われた1000メートルのレースでは予選落ちでした。3日目の2000メートルのレースでは決勝で、中国、西ドイツ、フランス、アメリカに次いで5位でした。インカレでは同種目2位に入り、シングルスカル1位と合わせて総合優勝をとげました。当時は、まだ日本のボート界は世界との開きが大きく、国立大学の学生でも努力すれば、高校からのセレクションで選ばれて構成されていた私立大学のクルーに勝つことでき、国内ではトップになることが可能な時代でした。

今から思えば、仕事で新しい事にチャレンジし、苦しい事にある程度耐えられるのも、ボート部で鍛えられたおかげかなと思っています。また、そこで得た、すばらしい先輩、同級、後輩は私の一生の宝です。
 大学卒業後は口腔外科志望でした。しかし、あるボート部のOBの先生が、「おまえは臨床ではなく、基礎の教室で、ものの考え方、研究の仕方を学びなさい。それが臨床に行っても、いずれ役に立つから。」とおっしゃり、歯科薬理学教室に大学院生として入学しました。実際その当時、私の指導教官だった春日井昇平先生は、現在インプラント治療部の教授です。
「歯髄・象牙質複合体の新しい培養系の確立」というのが私のテーマでした。なんとか既定の4年間で学位はとりましたが、もともと学者になるつもりはなく、臨床に戻りたい気持ちはつのるばかりでした。しかし、この時代に培った、英語論文を読む習慣や研究における理論的思考の実践は、今になって役立つことが多くなったと感じています。
 大学院卒業後は、ある先生から「おまえ、うーやん(当歯科診療所植野所長)のところへいけ。」と勧められ、見学し、薫陶を受けた後、松翁会診療所に勤務することを決意しました。  平成元年4月入社以来、歯科医業は人間としての総合力が問われる職業であると常々思います。「卒業してからが本当の勉強である」とは真実であると思います。これまで多くの先生方と知り合い、学べてきたことは幸運だと思います。「常に、進化する」をモットーに、国内外で、インプラントだけでなく、歯周病や根管治療、矯正、咬合、充填、接客力等に関するセミナーに積極的に参加し、勉強してまいりました。学んだ事を実践しつつ、これからも益々、患者さんのために精進したいと思います。

 
カウンセリングを行います

私(長谷川)はインプラント(糸瀬正道先生、山道信之先生に師事)、再生療法を含む歯周病治療(二階堂正彦、小延裕之先生、清水宏康先生に師事)、総義歯を含む全顎治療(阿部晴彦先生、下川公一先生に師事)を勉強し続けています。

崩壊してしまった口腔内を恥ずかしいと感じて来院をためらう方も多いかと思います。私はそうした状態から再建することに「やりがい」を感じています。

全体治療の患者さんのほとんどは近隣の方ではなく電車を乗り継いで来られる方がほとんどで、他県から通われている方もいらっしゃいます。

「治療期間はどれくらいか知りたい」「トータルいくらの費用がかかるのか?」などの疑問をお持ちの方、一度相談にお越しください。カウンセリングを行っております。もちろん、無理に治療を勧めることもございません。どうぞ、お気軽に足をお運びください。


主な活動

・1988年
歯学博士取得 論文「歯髄象牙質複合態培養系開発の試み」歯科基礎医学会雑誌

・2001年
IPOIインプラント研究会ベーシックコース受講(福岡)

・2002年
ミシガン大学インプラント研修(米国)
IPOIインプラント研究会マスターコース受講(福岡)

・2003年
東京歯科研究会阿部晴彦シーラシステム咬合セミナー(東京)受講

・2004年
ICOI国際インプラント学会認定取得(米国ラスベガス)
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2005年
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2006年
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2007年
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2008年
筒井塾歯周外科コース受講(福岡)
IPOIインプラント研究会関東支部で講演(東京)
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2009年
EPIC歯周病セミナー受講(東京)
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2010年
上水塾歯周病セミナー受講(福岡)
上水塾歯周病研究会で発表(福岡)
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2011年
下川公一セミナーベーシックコース受講
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2012年
阿部晴彦シーラシステム咬合セミナーインストラクターとして活動
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2013年
阿部晴彦シーラシステム咬合セミナーインストラクターとして活動
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2014年
JIADSエンド(根管治療)コース受講
澤田マイクロスコープエンドコース受講
阿部晴彦シーラシステム咬合セミナーインストラクターとして活動
経基臨で発表(福岡)
東京医科歯科大学歯学部歯学科で非常勤講師として講義
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2015年
下川公一セミナーアドバンスコース受講
阿部晴彦シーラシステム咬合セミナーインストラクターとして活動
近未来オステオインプラント学会インプラント専門医取得
東京医科歯科大学歯学部歯学科で非常勤講師として講義
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)

・2016年
阿部晴彦シーラシステム咬合セミナーインストラクターとして活動
近未来オステオインプラント学会インプラント専門医取得
東京医科歯科大学歯学部歯学科で非常勤講師として講義
東京医科歯科大学歯学部口腔保険衛生学科で非常勤講師として講義
SAEYシーラシステム咬合研究会で発表(東京)
上水塾歯周病研究会で発表(福岡)

≫シーラシステムとは?

阿部晴彦先生

写真:阿部晴彦先生と

所属学会

近未来オステオインプラント学会(インプラント専門医)
水道橋歯周病勉強会
SAEY咬合研究会
上水塾歯周病研究会
日本臨床歯周病学会

資格

英検1級(2012年取得)

サーティフィケート
ブログ

≫長谷川先生のブログを見る

このページのトップへ

伊藤 大輔 (歯科医師・歯学博士)Daisuke Itoh  D.D.S. , Ph.D.

略歴

私立巣鴨高等学校卒業
東京医科歯科大学歯学部卒業
東京医科歯科大学大学院博士課程修了(歯科補綴学)
東京医科歯科大学歯学部附属病院 義歯外来、インプラント外来勤務を経て平成18年より財団法人松翁会歯科診療所常勤歯科医師として勤務
厚生労働省臨床研修医指導歯科医

大学卒業後は大学院・大学附属病院で、8年間にわたり大山喬史学長、大谷啓一教授(硬組織薬理学)、春日井昇平教授(インプラント・口腔再生医学)に師事し、臨床・研究・教育に従事してまいりました。

大学附属病院では、補綴と呼ばれる義歯・インプラントを専門とする外来に勤務しておりました。特に、卒後1年目には、顎義歯という唇顎口蓋裂や腫瘍で顎骨や歯牙を失ってしまった方々の特殊な義歯の製作やインプラント治療を経験させていただきました。大学病院でなければできないような困難な治療に接することができ、歯科医師として最大限に患者様のQOLを高めるべく知識・能力を身につけられたことに感謝しております。また、近年は患者様の失った歯牙へのニーズは取り外しの義歯よりも固定式のインプラントに高まっており、私がインプラント外来で多くのインプラントに関わる治療・研究・教育で身につけた知識・能力を患者様のより良い生活獲得のために発揮していきたいと思っております。

2006年より松翁会歯科診療所に勤務することとなり現在に至ります。ここでは、大学病院で身につけたインプラントや虫歯・歯周病の治療に加え、睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療(マウスピースによる治療)も精力的に行っております。近年、睡眠が全身的健康に及ぼす影響がいかに大きいかが明白となり、社会的なトピックにもなっております。お口の健康の増進・維持を行うことによって全身的健康にも貢献できればと、今後も質の高い、個々の患者様にとって最善の診療を行うよう心がけたいと思います。


所属学会

日本補綴歯科学会
日本睡眠学会
日本睡眠歯科学会
口腔病学会

学会発表

American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Toronto, 2000
European Associaton for Osseointegration (EAO), Milano, 2001
日本口腔インプラント学会、新潟、2006

論文

Journal of Biomedical Materials Research, November 2002
J Periodontal Research, June 2003
Clinical Oral Implant Research, 2008
日本口腔インプラント学会誌, 2008

このページのトップへ

山路 輝彦 常勤歯科医師(月・火・木・金)

経歴

・東京歯科大学卒、元富士銀行健康管理センター歯科診療所長
・日本補綴歯科学会会員

私が心がけていることは、患者さまとの会話を大切にし、患者さまの意思を全面的に尊重し、希望に添えるような治療を心がけ口腔機能の回復を図ることです。

このページのトップへ

前田 大樹 常勤歯科医師

経歴

2010年 明海大学歯学部 卒業
2011年 明海大学歯学部附属病院 研修修了
2015年 東京医科歯科大学大学院 インプラント・口腔再生医学分野 修了

このページのトップへ

高橋 謙一郎(口腔外科)

経歴

2004年 東京医科歯科大学卒
2008年 東京医科歯科大学大学院卒(口腔外科)
2008年〜2011年 東京厚生年金病院

 

このページのトップへ

小川 卓也(矯正専門医、不定期)(スケジュールは受付にご確認ください)

経歴

・東京学芸大学附属高校卒
・東京医科歯科大学卒、同大学院修了、歯学博士
・テキサス大学ヒューストン校留学、English Spoken

このページのトップへ

東野 良治(矯正専門医、第2・3金曜日16:00〜19:00)

経歴

・大阪大学歯学部卒、東京医科歯科大学大学院修了、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医

このページのトップへ

坂 友里(マイクロスコープを用いた根管治療担当)

経歴

・東京歯科大学卒、元東京歯科大学水道橋病院保存科(根管治療)医局員

このページのトップへ
松翁会歯科診療所 tel:03-3201-3362

■住所 東京都千代田区大手町1-5-5大手町タワー 地下1階

■アクセス 東京メトロ・都営地下鉄各線大手町駅直結
       JR東京駅・丸の内北口より徒歩4分

■診療時間 9:00〜19:00(※第4金曜日は9:00〜18:00)予約制(休診日:土・日・祝祭日)